Hand Stylus 使用感想

iPadの利用者にとって一つ大きな悩みは、手書きの感触でしょう?
そこまでマニアではないが、様々なStylusを試してきました。 
安いTouchPenからちょい高いものまで、多分5つのヤツを持っていました。

使う感触が良かったや面白かったものを二つ紹介します:

  • Smart Pen (韓国製) 値段はそんなに高いわけではないが、書き味はなかなかのものでした。長い間愛用しつづけたが、約一年前に親戚にあげました。 
  • Jot Pro (アメリカ)高いけど、書き味はそこそこにいい。細い線がなぞられるからグッド。ただし、接触の角度の問題で、すぐこれにイラッとしました。

そして、最後にたどり着いたのはこの

Hand Stylus

である。この専用サイトができたのはごく最近のことらしい。
最初は、Kickstarterというプロジェクト支援サイトで買いました。
Hand Stylus project donation call by Steve King

寄付してから2ヶ月を経って、昨日にようやく届きました!!!

IMG 2507 4

最後に届き先を日本にしたのはよかった。まさか日本に戻った翌日に届くとは!

IMG 2510

IMG 2511

IMG 2512
IMG 2515

なぜこのStylusがいいかというと、

  1. キャップ無し、普通のボールペンと同じくボタンを押すだけで先頭部を保護、収納できる。
  2. 重量感と重量バランスはしっかりしている。これで、万年筆に慣れてる人も文句はでないだろう。
  3. 接触部は限りなく細い!ここはポイント。このタイプのTipを持つiPadタッチペンの中で一番細かったかも。(ずっと細いタッチペンを探していたが、一番細かったのはやはりJot Proだった。しかし、前述の問題で、満足できないままでいた。)
  4. 接触部の硬さはちょうどいい。予想よりは硬かったが、基本的に柔らかいほうだろう。そして、角度などの問題はなく、どんな角度でもスラスラ書けました。
  5. Tipは交換可能!まあ、イヤホンと同じ、これがないと心細いですね。

これは、長く続けそうな製品で、嬉しいです。

では、欠点というと、

  1. 作りは頑丈かつ綺麗ですが、やはり大手メーカーによる商品化された製品とは少し違う感じをする。特に握る部分(接合部)には偶に「あれ?」と思う時がある。
  2. 本体まるごとiPadに載せたら、最先頭の握る部分(銀色なところ)、つまり接合部は静電気を発生、iPadは反応する。

それ以外に文句はありません。大変うれしい製品です。
これで、私の iPad note taking and simple typing 生活はますます理想に近づけました。
今日は夏休み期間の集中講習を受ける予定なので、活躍を期待しています〜!

No comments:

Post a Comment