「峰不二子という女」

いよいよ完結しましたね。
一言でいうと、GJ山本沙代!

ルパンシリーズを見ていた人にとっては、素晴らしい出来だと思われます。

最初はすごく期待していて、
期待に反したこともなかったし。
刺激的で、私の理想な峰不二子像がちゃんと作り上げられた。
昔のように情の深い「悪女」を貫いてくれた。
毎週楽しみにしていた。



しかし、中盤に入ってから、「あれ?」と思われる設定に、
すごくガッカリしてた方も大勢いるだろう(私も含めて)。

中盤では、峰不二子という女の「過去」を明らかにするような展開になった。
峰不二子が好きという人にとって、
彼女の過去にも興味を持っているはずだ。
しかし、トラウマという設定は本当にいらなかった。

なぜならば、
私の中では、峰不二子はそもそも本性がそれだ。
自由気まま、やりたい放題だけさ…

実は、中盤になって、
「これ……本当にあの山本沙代が監督した作品かしら」と何度も思ったわ……
彼女は『サムライチャンプルー』で何話を担当したことで有名になって、
『ミチコとハッチン』という初監督作品で才能を放せた。
この二つの作品も観たことがある人なら、山本沙代はいかに「女」というテーマにこだわっているかを知っているはず。
しかも、すごくフェミニズム的な目線でやっている……
さらに、女性は自立で乱暴な冒険者が多い、作品に出る男性は意気地なし人が多い。
こんな山本沙代が『峰不二子という女』で調子が狂っちゃうとは……


しかし、最終回を観て終わった瞬間、
私は思わず拍手した!
「これぞ山本沙代だ!」と。


これからはネタバレあり、お気をつけて


中盤から描かれたトラウマとかはなんと
全部
ウソだ〜〜
正確にいうと、他人の記憶。

しかも、峰不二子が泥棒になったこと、セックスで交渉をすることは
一切その記憶のせいではない。

彼女が言う(記憶だよりに書く)。

「いいことを教えてあげる。私はメイドとしてきた、でもね、本当の理由はそうじゃない。ふらふらの秘宝を盗むために。そう、思い出したわ。記憶を上書きされた前の私は、XXX教団のバックに、アルメイダがいるということに調べついた。どうせなら、大本命に取りにって考えたけど。まあ、偶には失敗するほう、女としての可愛げがあるわよね。アイシャ、私はあなたの依附として動いてるんじゃない。泥棒稼業だって、セックス遊びも、元々そうして生きてきたの。どんな記憶を植え付けられたって、私は私でしかないわ。これが、峰不二子という女。」



素晴らしいわ!不二子ちゃん〜〜〜!


これで、すべてが覆された!

しかも、ストーリーの時間からみれば、
この『峰不二子という女』は、
すべてのルパンシリーズで、キャラたち一番最初の出会いを描く作品になるはず。
中盤になって、どうも峰不二子は過去のトラウマから抜けなくて、変な話になっていた。

もし結局ルパンたち(男たち)のおかげで、それを克服し、ようやく私達が知っている峰不二子になったとしたら、
ルパンシリーズ最悪の一作になるに違いない。

別に男たちのおかげじゃなくてもおかしい話になっちゃうが、
原作では紅一点の峰不二子の存在自体は、男vs女という構図がはっきりしているから。

元のシリーズでは、ルパンたち(男たち)がよく一緒に行動し、
そして峰不二子(女)が登場し、両方が宝物を奪い、競い合う、偶に助け合う。
それこそ峰不二子の本質(女)。

宝物で偶に助け合うのはいいけど、
根本的な部分も男たちに助けられ、ようやく今の峰不二子になった……ということだったら、つまらない作品になっちゃう。


まあ、ヒヤヒヤしてたけど、結果オーライ!
いや、最高、君、最高wはるゆきくん〜(誰?w)
今シーズンで一番見込みのある作品は、見事でした〜〜パチパチパチ


ちなみに、テーマソングの独白は相当好きだわ。
『嵐が丘』のヒースクリフのようにwww
そして、EDテーマソングが出るのをすごく期待している。
歌詞とジャズはとてもいい〜〜!
待ってるぜ!

No comments:

Post a Comment